一人暮らし向けの賃貸物件SINGLE

一人暮らし向けの賃貸物件

広いお部屋に憧れる人は多いかもしれませんが、広すぎるとお部屋を持て余してしまいます。
一人暮らしには、ワンルームや1K、1DK、1LDKといった部屋数が少ない間取りがおすすめです。
部屋には、ベッドやデスクを置いて窮屈にならない程度の広さがあると快適です。
賃貸物件の家賃や初期費用といったコスト、お部屋のインテリアや収納やレイアウトなど、より良いお部屋に住みたくなってついつい欲張りがちですが、住む人のスタイルに合わせてお部屋を選ぶことで、無駄なコストが無く節約できて、暮らしやすい部屋で一人暮らしできます。

SEARCH

一人暮らし向けの賃貸物件を探す

駅名

家賃下限

家賃上限

  • 一人暮らし向け物件で人気の条件とは?

    部屋の条件、間取り、建物の立地が重要

    賃貸で暮らす際に、人気な条件は「バス・トイレ別」「駅からの徒歩・室内洗濯機」「エアコン付き」の設備が譲れない条件として人気です。 綺麗な物件に住みたいということで、築年数が浅い物件を検討する人も増加傾向にあります。 一人暮らしでの間取りは、1R〜1LDKが人気。また、立地の点では、駅まで徒歩10分圏内であることや、職場や大学まで乗り換えが少ないことも人気な条件になっております。 女性であれば、「オートロック」や「2階以上」などのセキュリティー設備がしっかりしている物件が人気です。

    一人暮らし向けのメリット
  • 一人暮らし向け物件を探すときのポイント

    希望条件に優先順位をつけよう

    駅から近くて広い部屋、設備も新しい、おしゃれな外観・・・と最初は理想的な条件で探してしまいがちになります。 とはいえ全ての条件が揃っている物件は家賃も高額になりますので、何を妥協できるかも重要になってきます。後々迷わないためにも絶対に譲れない条件を2~3個決めておくことをお勧めします。

    家賃は手取り収入の3分の1まで?

    一般的に手取り収入の3分の1までの家賃で物件を借りるのが安心とされていますが、これはあくまで目安です。 ライフスタイル次第でお金のかけ方も変わってくるからです。月々の生活費を項目ごとに書き出してみると良いでしょう。

    一人暮らし向けのデメリット